>>お問い合わせ  

ロールスクリーン



<取り付け器具で分ける>ロールスクリーンを取り付ける器具によって種類分けをすると、次のように分けることができます。(1)ダブルタイプ…ダブルタイプのロールスクリーンとは、カーテンでいうレースカーテンとドレープカーテンのように、透けて見える生地と透けない生地を一つの取り付け器具で操作することができるようになっています。日中は透けて見えるタイプにして日の光を部屋の中に入れ、夜になったら視線を遮ったり部屋の影を隠したりするために透けないタイプにするなど、便利にロールカーテンを使いこなすことができます。(2)大型タイプ…大型タイプは、ロールスクリーンの幅は300cm、高さは500cmにまで対応しています。一般的に、ロールスクリーンの標準タイプは幅なら200cm、高さなら300cmにまで対応しているのですが、それより大きい場合には幅広タイプというものにします。この幅広タイプでは、幅は270cm、高さは450cmにまで対応しています。しかしそれ以上に大きいロールスクリーンを必要とする場合には、この大型タイプになります。大型タイプにすると、取り付け器具が標準タイプと異なり、ロールスクリーンの心棒となる部分を、直接支えている構造になります。また操作方法も、標準タイプではチェーン式であったものがひもを使用したものになります。(3)小窓タイプ…標準タイプの中でも小さなサイズのロールスクリーンを選択すれば、小窓にもロールスクリーンを設置することができるのですが、場合によっては標準タイプの取り付け器具では見た目が大きすぎ、窓と取り付け器具とのバランスが取れなくなることがあります。そのような時は、この小窓タイプを使用します。小窓タイプでは取り付け器具の部分が小さく作ってありますので、見た目が非常にスマートにすっきりと見えるようになります。生地は、小窓タイプであっても標準タイプであっても、同じ生地を使用することができます。(4)天窓・傾斜窓…天窓や傾斜窓にロールスクリーンを使用する場合には、上の部分だけの取り付け器具だけでは足りず、下の部分を抑えておく取り付け器具もセットで必要になります。どちらからも開閉可能になるということはなく、一方の方向からしか開閉することはできません。

<生地の機能で分ける>(1)浴室タイプ…浴室は、温度や湿度、せっけん等によって非常にカビの生えやすい環境となっています。ですから浴室タイプのロールスクリーンでは、湿度に強い素材を使って、防カビや撥水加工が特別に施してあります。さらに生地も透けにくいものを使用していて、中の影も映らないようなものとなっています。また水洗いできるウォッシャブルという機能もついていることが多く、丸洗いできるようになっていますので、浴室でもロールスクリーンを清潔に使用することができます。(2)遮光…寝室に良く用いられるタイプのロールスクリーンの機能です。カーテンと同じように、遮光1級から遮光3級まであり、遮光1級では、閉めてしまえば人の顔も識別できないほど暗くすることができるようになっています。遮光の機能は、ウォッシャブルにできるものなど、他の機能も併せ持った生地にすることができます。(3)省エネ・遮熱…部屋の中の熱を外に伝えないようにしたり、外の熱を部屋の中に伝えないようにする機能を持ったロールスクリーンです。この機能をつけることで、リビングなど常に人がいる部屋は、暖房や冷房のつけすぎをコントロールすることができ、省エネになります。(4)UVカット…近年何かと遮るものが増えてきている紫外線。ロールスクリーンにも、紫外線をカットできる機能の付いたものが発売されています。UVカットをすることで、室内のお子さんの肌を守るだけでなく、女性の肌も、男性の肌も守ることができます。最近の紫外線は以前に比べて非常に強くなってきていますから、室内でも安心して過ごせるように、人がいることの多い部屋にはぜひつけたい機能です。(5)水拭きできる…ウォッシャブル機能とも言います。丸洗いもできますし、水拭きで全体をふくこともできます。もし汚れてもすぐに落とすことができますし、シミをつくことを防げます。ウォッシャブル機能は、他の機能と合わせることができますので、多くの生地に用いられています。(6)防炎機能…キッチンにロールスクリーンをつける際には、ぜひつけておきたい機能です。万が一の火事の時でも、燃え移りを防げます。その他にも、多くの機能があります。



Valuable information

沖縄最安値に挑戦!!夏期間限定の格安WEBキャンペーン中!

沖縄でダイビング

他店にはない激安価格で豊富に取り揃えております。

フロアタイル

無駄な中間コストを抑え、納得の高額査定をお出ししています。

プラチナ 買取

最終更新日:2016/12/5

Copyright (C) 2008 上手にカーテンやブラインド、ロールスクリーンを手に入れよう All Rights Reserved.